Veeam Backup&Replicationによって管理されるVeeam Agent for Microsoft Windowsは、バックアップキャッシュ(リモートバックアップストレージが利用できない場合にVeeam Agentがバックアップファイルを作成する一時的なローカルストレージ)でのリカバリポイントの作成をサポートします。 これは、バックアップポリシーを使用してVeeam Agentのバックアップを作成する場合に役立ちます。バックアップポリシー内の一部のコンピューターがスケジュールされたバックアップ中にリモートストレージにアクセスできない場合、VeeamAgentはそれらのコンピューターのバックアップキャッシュにバックアップファイルを作成します。 ターゲットストレージが使用可能になると、Veeam Agentはバックアップファイルをバックアップキャッシュからリモートストレージにアップロードし、バックアップチェーンにバックアップスケジュールと完全に一致する一連のリカバリポイントが含まれるようにします。

Veeam Agentの管理シナリオでは、バックアップキャッシュはオフラインで機能するVeeamAgentと同じように機能します。 詳細については、VeeamAgentを参照してください。 Veeam Agentユーザーガイド(Microsoft Windows用)の「バックアップキャッシュ」セクションを参照してください。

Veeam Agent for Microsoft Windowsユーザーガイドに記載されているバックアップキャッシュの機能と制限に加えて、管理モードで実行されているVeeamAgentには以下が適用されます。

パフォーマンスキャッシュの場所を選択します

ウィザードのパフォーマンスデータキャッシュフェーズで、パフォーマンスキャッシュを配置するディレクトリを選択します。

パフォーマンスキャッシュは、VeeamONEがパフォーマンスデータを収集するときにリアルタイムで保存するハードドライブ上のスペースです。 パフォーマンスキャッシュデータは、Veeam ONEMonitorのダッシュボードとビューに使用されます。 ディスク上のパフォーマンスキャッシュにより、VeeamONEサーバーコンポーネントが実行されているコンピューターで使用されるRAMの量を大幅に削減できます。

デフォルトでは、パフォーマンスキャッシュはフォルダーC:\ PerfCacheに保存されます。 キャッシュを別のフォルダに保存するには、[パフォーマンスキャッシュ]フィールドの横にある[参照]をクリックして、新しいフォルダへのパスを指定します。

パフォーマンスキャッシュの場所を選択するときは、次の推奨事項を考慮してください。

バックアップキャッシュ設定を指定する

バックアップファイルがリモートの場所(ネットワーク共有フォルダー、Veeamのバックアップリポジトリ、Veeam Cloud Connect、またはMicrosoft OneDrive)に保存されている場合は、キャッシュバックアップウィザードの手順を使用できます。

バックアップキャッシュの設定を指定します。

たとえば、バックアップキャッシュに専用のリムーバブルストレージデバイスを使用できます。 B.USBスティックまたはSDカード。 この場合、バックアップキャッシュは、VeeamAgentを搭載したコンピューターのローカルディスク上のスペースを占有しません。

キャッシュの場所とサイズを決定する

ウィザードのキャッシュフェーズで、サービスファイルとグローバルキャッシュデータが保存されるフォルダーの設定を定義します。

ローカルバックアップキャッシュの場所を選択します

バックアップファイルがリモートの場所(ネットワーク共有、Veeam Backup&Replicationリポジトリ、またはクラウドストレージ)に保存されている場合は、キャッシュバックアップウィザードの手順を使用できます。

バックアップキャッシュの設定を指定します。

  1. [バックアップキャッシュを含める]チェックボックスをオンにします。
  2. [場所]フィールドに、バックアップキャッシュファイルを保存する保護対象のコンピューター上のフォルダーへのパスを入力します。
  3. [最大サイズ]フィールドに、バックアップキャッシュのサイズを入力します。
    バックアップキャッシュサイズを設定するときは、次の点に注意してください。

    1. 各完全バックアップファイルは、バックアップデータのサイズの約50%を占める可能性があります。
    2. 各増分バックアップファイルは、バックアップデータのサイズの約10%を占める場合があります。