Windows10で「書き込み用のファイルを開く際のエラー」の問題をトラブルシューティングする方法

「書き込み時にファイルを開く」エラーは、特定のプログラムエラーではありません。 これは、Windowsオペレーティングシステムにプログラムをインストールするときに発生する可能性があります。 サードパーティのWindowsアプリケーションに影響を与え、インストールを妨げる可能性があります。

この場合、PC上で特定のアプリケーションを実行できなくなり、大変なご不便をおかけします。 では、Windows 10の開いているファイルを修正してエラーを書き込むにはどうすればよいですか? この記事では、いくつかの効果的な方法と詳細な手順を説明します。

Windows10で「ファイルを開いて書き込むエラー」の原因は何ですか?

  • インストールファイル自体が破損している可能性があり、この問題が発生します。
  • レジストリの問題やコンピュータ上の不要なファイルが多すぎると、このエラーが発生する可能性があります。
  • インストールファイルがシステムと互換性がない場合、このエラーが発生する可能性があります。
  • ファイルのインストールプロセスがすでにバックグラウンドで実行されていて、インストールを再開しようとしている場合、このエラーが発生する可能性があります。
  • ウイルス対策プログラムは、インストールファイルなど、コンピューターへの脅威と見なされるファイルの書き込みを防止することが知られています。 したがって、ウイルス対策プログラムがファイルを開くエラーの原因である可能性があります。

Windows 10で「ファイルを開く書き込みエラー」を修正するにはどうすればよいですか?

以前のバージョンまたは同様のバージョンのソフトウェアの痕跡を削除します

  1. [コントロールパネル]->[プログラムと機能]から、以前のバージョンまたは同様のバージョンのソフトウェアをアンインストールすることから始めます。
  2. 別のバージョンのソフトウェアをアンインストールして、システムを再起動します。
  3. このソフトウェアに関連するすべてのフォルダとログを削除します。

ユーザーアカウント制御を無効にする

  1. 検索ボックスをクリックして、「UAC」と入力します。
  2. 詳細検索結果ウィンドウで、[ユーザーアカウント制御設定の変更]をクリックします。
  3. 左側の[ユーザーアカウント制御の設定]ウィンドウで、バーを[通知しない]まで下にドラッグします。
  4. 次に、「OK」をクリックして、変更をコンピューターに保存します。
  5. ユーザーアカウント制御で許可を求められた場合は、[はい]をクリックします。
  6. その後、アプリケーションの変更/インストールを再試行してください。

互換性のトラブルシューティング手順に従います

  1. コンピューター上のインストールファイル(.exe)を見つけます。
  2. プログラムを右クリックして、[プロパティ]を選択します。
  3. 次に、「互換性」タブに切り替えます。
  4. 次に、「互換性トラブルシューターの実行」をクリックします。
  5. 次に、トラブルシューティングオプションとして[推奨設定を試す]をクリックします。
  6. 問題が解決したら、[適用]と[OK]をクリックして、変更をコンピューターに保存します。
  7. コンピューターでインストーラーを再度実行してみてください。

インストールファイルの権限を変更する

  1. まず、インストールファイルの場所に移動します。
  2. インストールファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  3. 「プロパティ」ウィンドウで、「セキュリティ」タブをクリックします。
  4. 次に、「変更」ボタンをクリックしてセキュリティポリシーを変更します。
  5. 「追加」ボタンをクリックします。
  6. すべてをメモして、[OK]ボタンをクリックします。
  7. リストから「すべて」を選択し、「各権限を選択」して完全に制御します。
  8. 「適用」および「OK」をクリックします。
  9. コンピュータを再起動します。
  10. ここで、アプリケーションのインストールを再試行してください。