Windows カメラ エラー 0xa00f4271 を解決する方法

2023年XNUMX月更新: これらのエラー メッセージを停止し、このツールで一般的な問題を修正してください。 今すぐ入手 このリンク
  1. ダウンロードしてインストール ソフトウェア。
  2. 問題がないかコンピュータをスキャンします。
  3. その後、ツールは 問題を修正する 発見されました。

Microsoft は最近、Windows 10 のバグを修正したことを発表しました。これにより、メディアのキャプチャ エラーが発生する可能性がありました。 このバグは、Web カメラ、マイク、カメラなどのデバイスに影響を与えました。 Microsoft によると、修正は Windows 10 の次のメジャー アップデートに含まれ、今月後半にリリースされる予定です。 カメラ、マイク、または Web カメラで問題が発生している場合は、最新バージョンの Windows 10 をインストールしてみて、問題が解決するかどうかを確認してください。 Windows 10 はこちらからダウンロードできます。

デバイスにまだ問題がある場合は、トラブルシューティング ガイドをチェックして、ウェブカメラ、マイク、カメラの一般的な問題を診断して修復する方法を確認してください。

Windows でカメラ エラー 0xa00f4271 が発生する原因は何ですか?

エラー コード 0xa00f4271 は、ほとんどのコンピューター ユーザーが生涯で少なくとも XNUMX 回は遭遇するエラーの XNUMX つです。 必ずしも重大なことを意味するわけではありませんが、このエラーの原因を知ることは依然として重要です。そうすれば、修正に何時間も費やすことはありません。

この問題は通常、古いソフトウェアまたはハードウェアが原因で発生します。 古いドライバーを使用するプログラムを最近インストールした場合、このような問題に直面する可能性があります。 ドライバーを手動でアンインストールするか、デバイス マネージャーから再インストールしてみてください。

このエラーのもう XNUMX つの一般的な原因は、ハードディスクの故障です。 ファイルへのアクセス中またはコンピューターでの操作中に問題が発生した場合は、ハード ディスクの損傷が原因である可能性があります。 このような場合は、ハードディスクを新しいものに交換できます。

ウェブカメラのドライバーを更新する必要があります

0xa00f4171 エラー コードは、特にシステムの再起動中に時々発生する問題の XNUMX つです。 ほんの些細な問題だと思うかもしれませんが、時にはもっと深刻な問題に発展することもあります。 PC のフリーズやクラッシュなどの問題が発生し始めた場合は、ハードウェアまたはオペレーティング システムに深刻な問題が発生している可能性があります。

この場合、この問題をすぐに修正しないと、データが失われたり、コンピューターが使用できなくなったりする可能性があるため、すぐに対処する必要があります。 これが、ウェブカメラのドライバーを更新することをお勧めする理由です。

現在、ほとんどの Web カメラには、正常に動作する標準ドライバーがプリインストールされています。 ただし、古いバージョンの Windows に付属のデバイスを使用している場合、Web カメラのドライバーは最新の OS リリースと互換性がありません。 そのため、ウェブカメラのドライバーを更新して、すべてがスムーズに動作するようにする必要があります。

これを行うには、次の簡単な手順に従います。

1. 適切なドライバー インストーラーをダウンロードします。

2. ファイルをダブルクリックし、セットアップ プログラムを実行します。

3. 画面に表示される指示に従います。



更新日:2023年XNUMX月

エラーを修正するには、このツールを強くお勧めします。 さらに、このツールは、ファイルの損失、マルウェア、およびハードウェア障害に対する保護を提供し、デバイスを最適化して最大のパフォーマンスを実現します。 コンピューターに既に問題がある場合、このソフトウェアを使用すると問題を解決し、他の問題の再発を防ぐことができます。

download



最新の Windows 10 更新プログラムをインストールする

1. Windows キー + Q キーボード ショートカットで Cortana 検索ボックスを開きます。

2. 検索バーに update と入力して更新設定を検索し、一番上の結果を開きます。

3. [アップデートの確認] ボタンを押します。

4. Windows は利用可能なパッチを自動的にインストールします。

5. 追加のアップデートをインストールする場合は、Windows を再起動します。

一部のユーザーは、パッチの更新によりエラー コード 0xa00f4271 が修正されたと報告しています。

カメラの設定が正しいことを確認してください

コンピューターで Web カメラを使用する場合は、オンになっていることを確認する必要があります。 これを行うには、コントロール パネルを開き、[PC 設定の変更] をクリックして、[ハードウェアとサウンド] を選択します。 [デバイス マネージャー] ボタンをクリックし、Web カメラ エントリを見つけて、Web カメラ アイコンが緑色かどうかを確認します。 そうでない場合は、[オンにする] を選択します。

また、アプリケーションがカメラにアクセスできるようにする必要があります。 たとえば、Skype を使用している場合は、[カメラにアクセスできるアプリを選択する] で有効にする必要があります。

ウェブカメラをリセットする必要があります

Web カメラの問題は、リセットが難しいことが多いことです。 多くの人は、それを正しく行う方法さえ知りません。 ウェブカメラに問題がある場合は、次のことを行う必要があります。

1. まず、コンピューターで Windows 10 が実行されていることを確認します。手順が完了したら、PC を再起動する必要があります。

2. 次に、キーボードの Windows ボタンを押したままにします。 画面が黒くなったら、キーを放します。 これにより、電源メニューが表示されます。 [再起動] を選択します。

3. Windows ロゴとプログレス バーが表示されます。 プロセスが完了するまで待ちます。 完了すると、死の青い画面が表示されます。 Ctrl+Alt+Del を押して、コンピューターの電源をオフにします。

4. 「Webcam」という名前のものを探します。 それを右クリックして、[アンインストール] を選択します。

5. その後、デバイスを再起動します。 カメラの電源を入れてみてください。 うまくいけば、それは新しいように機能します。

ウイルス対策ソフトウェアを確認することをお勧めします

ウイルス対策ソフトウェアが Web カメラへのアクセスをブロックしている可能性があります。 これを使用しようとすると、エラー コード 8007001 が発生する可能性があります。 場合によっては、ウェブカメラ自体が故障している可能性があります。 ただし、デバイスを交換せずに問題を解決するために実行できる手順があります。

ウイルス対策プログラムを開き、ウェブカメラへのアクセスを許可します。 同じエラー コードが再び表示される場合は、ウイルス対策ソフトウェアを再インストールしてみてください。

ウイルス対策ソフトウェアに問題が見つからない場合は、コンピューターが Web カメラをサポートしていない可能性があります。 ドライバーを更新してみてください。 たとえば、Windows 10 では、インストール中に Web カメラの最新バージョンのドライバーが自動的にインストールされます。

ブラウザを開いて「ウェブカメラ」を検索すると、ウェブカメラが適切に機能するかどうかを確認できます。 サポートされているデバイスのリストが表示されている場合は、Web カメラが機能していることがわかります。 そのようなリストが表示されない場合は、運が悪いです。

Windows ストア アプリのトラブルシューティング ツールの使用

Skype など、Windows ストア経由でインストールされたアプリの使用中に Web カメラ エラー 0xa00f4271 が表示される場合は、Windows ストア アプリのトラブルシューティング ツールが問題の解決に役立つ場合があります。 使用するには、次の手順に従います。

1.設定アプリを開きます。

2.「更新とセキュリティ」を選択します。

3. 「トラブルシューティング」をクリックします。

4. 「Windows ストア アプリ」までスクロールしてクリックします。

5. 次の画面で、[トラブルシューティング ツールの実行] ボタンをクリックします。

6.プロセスが完了するのを待ちます。

7. 完了したら、デバイスを再起動します。

ウェブカメラの互換性を確認する

Web カメラがコンピューターで動作しない場合は、Web カメラ ドライバーがオペレーティング システムのバージョンと互換性があるかどうかを確認してください。 これは、[プロパティ] ウィンドウ内を見ることで簡単に行うことができます。 そこに、コンピューターに接続されているデバイスのリストが表示されます。 [デバイス マネージャー] タブをクリックし、ウィンドウの一番下までスクロールします。 ここに、マシンにインストールされているデバイス ドライバーのリストが表示されます。

次に、[ドライバーの詳細] ウィンドウを開きます。 このウィンドウには、コンピューターに関連付けられているすべてのデバイス ドライバーが一覧表示されます。 このウィンドウの一番下までスクロールして、「stream.sys」という名前のドライバーを見つけます。 ここにリストされていない場合は、Web カメラが機能していない可能性があります。

stream.sys ファイルが見つからない場合は、ウェブカメラがオペレーティング システムと互換性がないことを意味します。 そのような場合、別の Web カメラをインストールする必要があります。



承認済み: Windows エラーを修正するには、ここをクリックしてください。



よくあるご質問

[スタート] -> [設定] -> [プライバシー] -> [カメラ] に移動します。 アプリケーションがカメラにアクセスできるようにするための優先設定を選択します。 [カメラへのアクセスを許可するアプリを選択] で、個々のアプリ設定を有効または無効にします。 コンピュータを再起動し、カメラをテストします。

「カメラ、イメージング デバイス」または「サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー」でカメラを探します。 カメラが見つからない場合は、[アクション] メニューから [ハードウェアの変更を検索] を選択します。 スキャンが完了するまで待ってから、更新されたドライバーを再インストールし、デバイスを再起動してから、カメラ アプリをもう一度開いてみてください。

  1. スタートを開きます。
  2. 「デバイスマネージャー」を見つけ、一番上の結果をクリックしてアプリを開きます。
  3. 「イメージング デバイス、カメラまたはサウンド、ビデオおよびゲーム コントローラ」ブランチを展開します。
  4. ウェブカメラを右クリックし、[ドライバーの更新] を選択します。