Connected Device Platform Service(CDPSvc)は多くのディスクスペースを使用します

コネクテッドデバイスプラットフォームサービス

更新された7月2024: これらのエラー メッセージを停止し、このツールで一般的な問題を修正してください。 今すぐ入手 このリンク

  1. ダウンロードしてインストール ソフトウェア。
  2. 問題がないかコンピュータをスキャンします。
  3. その後、ツールは 問題を修正する 発見されました。

ハードディスクの使用状況を時々チェックすることに慣れている場合は、バックグラウンドで実行され、CPU使用率が高いことを示すCDPSvc(Connected Devices Platform Service)に遭遇する可能性があります。 CDPSvcが何のためにあるのか正確には誰も知らないので、これは心配になる可能性があり、最近のバージョンのWindowsで導入された比較的新しいサービスのようです。

マイクロソフトがサービスの正確な性質とその使用について説明していないことに注意するのは興味深いことです。 これらすべてが私たちに少し考えさせ、ユーザーは当然好奇心をそそられます。 ただし、このサービスはBluetooth、プリンター、スマートフォン、外付けドライブ、カメラなどのデバイスを接続するために使用されることを学ぶ必要があります。ただし、過去には、これらのデバイスはWindowsに接続でき、CDPSvcが導入されました。サービスは実際には何の役にも立ちませんでした。

接続デバイスプラットフォーム(CDPSvc)は、タスクマネージャーで高レベルのディスク使用量を示しているため、無効にする必要があります。 システムのコマンドラインからSFC(システムファイルチェッカー)分析を実行してみることができますが、それも役に立ちません。 問題を取り除くには、それを非アクティブ化する必要があります。 最良の点は、サービスを無効にした後でも、Windowsは正常に動作し、デバイスが接続できることです。

Connected DevicePlatformサービスを無効にする方法を見てみましょう。

 

Connected Device Platform Serviceとは何ですか?

Connected DevicePlatformサービスとは

Connected Device Platform Service(CDPSvc)は、最近のバージョンのWindowsで導入された比較的新しいサービスです。

これはオペレーティングシステムに新しく追加されたものですが、サービスは実際には進歩しておらず、Microsoftはその機能についてあまり説明していません。

Microsoftは、このサービスの機能を次のように説明しています。このサービスは、接続されたデバイスプラットフォームのシナリオに使用されます、」これは、実際にはサービスの実際の機能を示すものではありません。

私たちの調査によると、このサービスはBluetoothデバイスやプリンター、スキャナー、音楽プレーヤー、携帯電話、カメラなどに接続するために使用されます。これらのタイプのデバイスへの接続は、このサービスが存在しなかった以前のバージョンのWindowsでも可能でした。 。 これはサービスを少し疑わしくし、それがどのように機能するかについて論争を引き起こします。 一部のレポートでは、このサービスはXboxに接続する場合にのみ使用されると示唆されています。

 

CDPサービスをめぐる論争

多くのユーザーは、サービスがディスクスペースを使いすぎて、一部のコンピューターのパフォーマンスが低下することを報告しています。 サービスが存在する明確な理由がないため、これは多くの疑惑を引き起こします。 さらに、このサービスはWindowsイベントログに多くのエラーを引き起こすことが知られています。 そのようなエラーの7023つが「エラーXNUMX」でした。これはイベントログに自動的に記録され、システムやその他のアプリケーションのパフォーマンスに明らかな影響を与えることはありません。

 

無効にする必要がありますか?

この問題についてユーザーが言っていることには矛盾があります。 このサービスを無効にした一部のユーザーは、問題や副作用なしにコンピューターを使い続けることができました。 ただし、一部のユーザーは、特定のデバイスをコンピューターに接続するときに問題が発生することを報告しています。 したがって、Xbox Liveまたはその他のBluetoothデバイスをコンピューターで定期的に使用しない場合は、サービスを無効にすることをお勧めします。

 

Connected DevicePlatformサービスを無効にする方法は次のとおりです。



最終更新日:July 2024

エラーを修正するには、このツールを強くお勧めします。 さらに、このツールは、ファイルの損失、マルウェア、およびハードウェア障害に対する保護を提供し、デバイスを最適化して最大のパフォーマンスを実現します。 コンピューターに既に問題がある場合、このソフトウェアを使用すると問題を解決し、他の問題の再発を防ぐことができます。

ダウンロード



ServiceManagerを使用してConnectedDevicePlatformサービスを無効にします。

1.)を押します 勝利+ R 実行ウィンドウを開き、 services.mscと 指図。 Enterキーを押して、ServiceManagerウィンドウを開きます。

services.mscと
2.)下にスクロールして コネクテッドデバイスプラットフォーム サービスを右クリックします。 選択する プロパティ.

コネクテッドデバイスプラットフォーム
3.)を変更します スタートアップの種類 この機能の 身体障がい者.
4.)をクリックします 申し込む、[OK]をクリックします OK 設定を保存します。

コマンドラインからConnectedDevicesPlatformサービスを無効にします。

AdvancedOrderingウィンドウのコマンドラインからConnectedDevices PlatformServiceを無効にできます。 これを行うには、次の手順に従います。

1.)「コマンドプロンプト" の中に Windowsサーチバー そして「管理者として実行.右ペインの」。

2.)上級者向け コマンドプロンプト ウィンドウで、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
sc configCDPユーザーSVCtype = own
3.)注文が完了したら、システムを再起動します。

レジストリエディタに接続されているデバイスのプラットフォームサービスを無効にします。

無効にできない場合 コネクテッドデバイスプラットフォーム ServiceManagerまたはAdvancedOrder Requestを使用してサービスを提供するには、 レジストリエディタ 次のように:

1.)Win + Rを押して実行ウィンドウを開きます。 [実行]ウィンドウで、コマンドを入力します regeditを。 Enterキーを押して、レジストリエディタウィンドウを開きます。
2.)次のパスに移動します。
Computer \ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ CDPUserSvc
3.)右側のペインで、[開始]をダブルクリックしてプロパティを開きます。
4.)データ値を2から4に変更します。
5。)[OK]をクリックして設定を保存します。

まとめ

この記事では、外部デバイスへの接続に使用される接続デバイスのプラットフォームサービスについて学習しました。

このサービスは問題を引き起こすことがあります。エラーを修正するXNUMXつの方法を示しました。 通常、このサービスは問題なく動作しますが、期待どおりに動作しない場合があります。



承認済み: Windows エラーを修正するには、ここをクリックしてください。



よくある質問

Enterキーを押して、 サービスマネージャ 窓。 下にスクロールして コネクテッドデバイスプラットフォーム サービスを右クリックします。 選択する プロパティ。 この機能の起動タイプを次のように変更します 身体障がい者.

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する コネクテッドデバイスプラットフォーム は、の管理を統合および簡素化するソフトウェアソリューションです。 接続されたデバイス およびソフトウェア。 接続されたデバイス プラットフォームはIoTエコシステムをサポートできます。

接続機器 相互に、およびインターネット上の他のシステムに接続できる物理オブジェクトです。 これらは デバイス、通常、データ処理チップ、ソフトウェア、センサーなどのテクノロジーを搭載し、他のユーザーとデータを収集して交換します デバイス とシステム。

構造化されたものへのアクセスをアプリケーションに提供します user 連絡先情報、カレンダー、メッセージ、その他のコンテンツを含むデータ。 これなら サービス が停止または無効になっていると、このデータを使用するアプリケーションが正しく動作しない可能性があります。 MSサーバーへのhttps接続もあるため、OneDriveの連絡先のように見えます。