Windows 11/10コンピューターにプログラムをインストールしようとすると、2753エラーが発生する場合があります。 パッケージが破損している場合や、パッケージが正しく機能しない場合や、ファイルやパスを作成できない場合があります。 そのような厄介なエラーの2753つ:エラーXNUMX、ファイルはインストール用にマークされていません。

このエラーは、特定のファイルだけに関連しているわけではありません。 実行可能ファイルであろうとMSIファイルであろうと、どのファイルでも発生する可能性があります。 このエラーを修正する方法を見てみましょう。

エラー2753「ファイルがインストール用にマークされていません」の原因は何ですか?

2753「インストール用にマークされていないファイル」エラーを修正するにはどうすればよいですか?

破損したInstallShieldフォルダーを復元します

  1. エラーウィンドウを閉じて、C:\ Program Files\Pinnacleに移動します。
  2. インストール設定に応じて、「Studio12」または「Studio14」フォルダーを削除します。
  3. 次に、C:\ Program Files \ Common Filesに移動し、フォルダーを削除します。
  4. 次に、Win + Rを押して「実行」ウィンドウを開き、コマンドMSConfigを入力します。
  5. Enterキーを押して、[システム構成]ウィンドウを開きます。
  6. [サービス]タブで、Windowsインストーラサービスを見つけてチェックボックスをオンにします(オフになっている場合)。

AdobeShockwaveを再インストールします

  1. こちらのAdobeShockwaveWebサイトにアクセスしてください。
  2. アンインストーラーを使用してAdobeShockwaveを削除し、システムを再起動します。
  3. 同じWebサイトに戻り、最新バージョンのAdobeShockwaveをインストールします。
  4. 次に、システムを再起動します。

管理者としてインストールファイルを起動します

  1. インストールファイルを右クリックして、[管理者として実行]を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御(UAC)プロンプトが表示されます。 [はい]をクリックして、ファイルを実行できるかどうかを確認します。

よくあるご質問

パッケージが破損したり、パッケージが正しく機能しなかったり、ファイルやパスを作成できない場合があります。

  1. InstallShieldフォルダーが破損しています。
  2. AdobeShockwaveが正しくインストールされていません。

  1. エラーウィンドウを閉じて、C:\ Program Files\Pinnacleに移動します。
  2. インストール設定に応じて、「Studio12」または「Studio14」フォルダーを削除します。
  3. 次に、C:\ Program Files \ Common Filesに移動し、フォルダーを削除します。
  4. 次に、Win + Rを押して「実行」ウィンドウを開き、コマンドMSConfigを入力します。
  5. Enterキーを押して、[システム構成]ウィンドウを開きます。
  6. [サービス]タブで、Windowsインストーラサービスを見つけて、チェックボックスをオンにします(チェックされていない場合)。